みんなのエッチな体験談

エッチな体験談を厳選してまとめました。不倫、浮気、人妻とのセックス、姉・妹との近親相姦、禁断のレイプなど人には言えないエロ体験告白。

外人とのH/エッチ体験談

正常位の概念を根底から覆された白人女とのセックス


外人(アメリカン白人)とセックスしてみて思ったこと。

ちなみに俺は男の異性愛者な。

外人、アグレッシブだよなぁ。
本当にびっくりした。
結論から言うと俺、基本的にされるがままだったのよ。
もうね、マグロかと思った。

俺が何も仕掛けなくても向こうからベッドに寝っ転がって、(うはwwわかりやすいww)って思って俺も寝っ転がるじゃん。
そしたら向こうから抱き締められて向こうからキスしだすし。

(さすが外国人、話が早いな・・・)


続きを読む

ドイツに旅行した時の、ブルガリア人女子大生とのセックス体験談


不特定多数の白人女性とSEXしたくなり、出稼ぎの東欧系女性が集まりやすいドイツにSEXツアーに行って参りました。

そこで、相場の数倍のサービス料を支払った3名の東欧出身の女の子は、なんと初対面である私に禁断の膣内射精を許してくれました!
(ありえない位の美人で全員が現役女子学生!)


その3名の東欧女性を口説き落としたテクニックはこういったものでした。
要するに彼女たちの祖国である「小国の歴史」を自分なりに学んで、相手が現役女子大生の場合には「君の勉強のために多めにお金をあげる用意があること」を誠意をもって伝えるのです。
そうすれば、日本国内では考えられない楽しいSEXをエンジョイできるのです。

ところで、ロシアの画家コンスタンチン・マコフスキーが描いた
「ブルガリアの致命女達」という絵画を御存知でしょうか?

現在のトルコの前身であるオスマン帝国の兵士達がブルガリアを占領した後、最後の砦と言うべき正教会の聖堂にまで踏み込み、そこに隠れていた美少女の衣服を剥ぎ取って、乳房が露になった瞬間が描かれています。

恐らく直後に、このブルガリア娘は、血に飢えたトルコの兵士達から、反り返るほどに勃起したペニスを挿入され、かなり大量の精液を膣内に流し込まれたに違いありません。 


私が白人女性とのSEXを夢見るようになったのは、洋ピン雑誌などではなく、子供の頃に初めて見たこの絵に触発されたからにほかになりません。  
続きを読む

外国人セフレとのクリスマスがとても良かったので初投稿します


Aとセフレになってから、初めてのクリスマス。
当時私は彼がいなかったので、特に予定もなく、Aからクリスマスに会わないかと誘われたのでOKしました。

恋人のためのクリスマスという概念は外国にはないのですが、長年日本に住んでいるからかその感覚がなんとなくわかっているようでした。

続きを読む

外人パブで知り合った美形中国人と国際親善


最近、外国人の居るパブに行くのが好きでよく通っています。
金髪の人から東洋人まで様々で、なかなか楽しいものです。

先々週の金曜日のこと。
お店に行くと中国人の子がついてくれました。
お店に行ったのは飲み会の3次会で、ベロベロに酔っていたため呂律が回らない状態でしたw
でもその中国人の女の子が、片言の日本語で「169cmの26歳」だと言っていたことは覚えています。
顔もなかなか綺麗な顔立ちで、女子十二楽坊のメンバーのような綺麗な人。
なんで、とにかく褒めちぎりました。
続きを読む

俺の初体験相手は、デカパイのノリノリなアメリカ人です


スペック俺・当時高校2年相手・当時21歳スレンダーデカパイという絵に書いたようなアメリカ人俺が通ってた高校には希望者は夏休みの間アメリカに海外研修にいくプログラムがあった現地の大学の学生寮にみんなで住んで英語の勉強って感じだそこで出会ったのが俺の初めてを持って行くことになる相手、仮名シャーリーとしよう俺たち日本人生徒は全部で20人くらい現地の学生が1人につき1人ついてくれて、トークする時間があったり一緒に授業を受けたりするシャーリーは俺のパートナーだった1日1時間、パートナーと会話、というか一緒に過ごさなければならないという最初は地獄のような時間があった正直俺は中●生程度しか英語をしゃべれないし、シャーリーは日本語が「マジデ」

と「トノサマ」

と「ダイヒンミン」

くらいしか知らなかったパートナーになって1週間ほど経って、ある程度お互いに打ち溶けてきた頃に、「どんな女の子が好み?」

とか「彼女いるの?」

的な会話が入るようになってきたそこでもう俺はぶっちゃけることにした「彼女はできたことない童貞だよ」

とそしたらシャーリーは「Realy?Oh~」続きを読む

【ワロタ】グラドル滝沢乃南のIVのお風呂シーン、カメラマンのチンコ映ってて草wwこれはヤッてますわwww
おすすめ新着記事
逆アクセスランキング
ギャラリー
  • ライブドアブログ