小◯生の時からジーンズを穿いた女の子のお尻が大好きだった俺だけど、高1の時メチャメチャ好みの子を見つけた。

顔は堀北真希を日焼けさせて髪を伸ばして気が強そうにした感じ。

細身なのに、スカート穿いてても妙に目立つくらい大きいお尻が物凄くいい。

何度もあの尻を好き放題を撫で回し揉みしだきたいと思った。

狭いところをすれ違う時なんかはどさくさに紛れて手のひらを押し付けて撫でる事も出来たし、席が前の方の彼女は時々お尻を突き出したりもしている。

授業なんて聞かずにずっと眺めてた。

俺が優(彼女の名前)とある程度仲良くなると、お尻に接触出来る機会も増えた。

体育の時なんか特にやばい。

お尻が大きいのでジャージがぴちぴちになって形が丸分かりだし、水泳の授業にいたっては体のラインが浮き出てしまい、細めのウエスト辺りから腰と丸みを帯びたお尻がとてもよく分かる。

こんなお尻ばかり追いかけている俺だったが、優とはよく話すようになり、いつのまにやらお互いの家に遊びに行くくらいの仲になっていた。

そしてある日の事、優が休みの日に俺の家に遊びに来た。

☆おすすめ記事☆

その日は俺の親両方とも仕事で家にいなかったが、結構よくある事なのでエロい妄想もなく優を招き入れた。


俺達の遊びは大体ゲームで、お互いアクションが大好きだったので結構真剣にやっていた。


優は俺んちではなるべく座っているけど、慣れてきたのか寝そべる事があった。


そうすると、ジーンズを穿いている時なんかはお尻のラインがよく目立つ。


俺はそれをいつもチンポ立てて見ていた。


そして今日もジーンズを穿いている。


優のお尻を眺めていたのだが、いつもと違ってエロい気持ちが強く、何とかしてお尻を触りたいと思ってしまった。


そこで俺は下心を隠しながら優に提案した。


『いつもやっているゲームで3回勝った方が負けた相手に何でも言うことを聞かせる。ただし今日一日だけ』


と、今思うとこれじゃバレバレじゃないかと思う・・・我ながら恥ずかしい。


しかし優は乗ってきた。


ルールに、『どんなものでも買ってもらえる』って付け加えたからだ。


でもこの提案自体俺の罠だった。


このゲーム、今まで優に合わせて負けたりしていたが、実際は俺の方が断然強かった。


俺は先に2勝し、優に1回勝たせてから3勝目を決めた。


「俺の勝ちー、何でも聞いてもらうよ?」


「・・・分かってるよ」


渋々だか、約束を守る気のようだった。


「じゃあさ、お前のお尻を触らせて」


そう言うと、優は明らかに動揺してそんなの無理って言ったけど、約束破るのかよと強く言うと渋々了承した。


ただし、服の上からでお尻以外は触るなと条件をつけられたが。


俺はまず優を四つん這いにしてお尻を突き出させた。


「恥ずかしいよ・・・こんなの・・・」


優は顔を赤くして恥ずかしそうにこちらを見ながら言うが、無視して突き出したお尻を鷲掴みにした。


お尻の肉を揉みしだきつつ、俺は夢にまで見た優の尻に触っている事にとてつもなく興奮していた。


ジーンズに包まれたお尻を揉みしだき、おマンコの辺りを撫で回したりつついたり、肛門を指でほじくるようにして探した。


優は自分のお尻が好き放題触られるのを必死で耐えている感じだった。


口を半開きにして時々目をギュッと瞑ったりしている。


可愛い・・・優の事を初めてそう思った。


俺は今までよりさらに強く優のお尻を刺激し続けたけど、それはエスカレートしていき、俺は優のお尻の割れ目に顔を埋めると優は体をビクつかせた。


ここまでされるとは思わなかったのだろう。


「変態・・・!」


音を立てて匂いを嗅いだり顔全体を擦りつけたり、息を思い切り吹き込んだりした。


何度も息を吹き込むと、まるで優が濡れているかのようにジーンズのマンコの辺りが湿っていった。


今度は逆に吸い付いたり舐めたりもした。


しかし、やり過ぎた。


息を思い切り吹き込んだ瞬間、「あっ!」と優が声を出した。


そして足をばたつかせて立とうとした。


「もうこんなのやだぁ!」


だが抵抗をされてもまだやめる気のない俺は、優の胴を掴んで強引に立たせるのを止めさせた。


まるで悪い子のお尻を叩くような体勢になった。


俺は優の足を正座のような状態でしゃがませ、さっきの四つん這いよりお尻を突き出させた。


さらに正座した膝の間に手を入れ、腰を抱え込んだ。


すると優のお尻は強制的に突き出される。


こうすれば左手は塞がるが、右手でお尻を弄り回す事が出来る。


俺は尻の割れ目をペロンと撫で上げた。


必死で逃げようとする優、しかし手でがっちり押さえられて逃げられない。


さっきより大分マンコは外に出ているはずだ。


手のひら全体を使い、マンコがあるであろう場所を力を込めて揉みしだく。


モミモミモミモミモミモミ・・・・・・。


「あっあっあっあっ・・・・」


ジーンズの上からでもさすがに性器を揉まれると感じるらしい。


時折こぶしを作ってぐりぐりしてみると、体をビクつかせて抵抗する優。


俺はその状態で1時間以上も優のお尻を刺激していた。


放してやると既にぐったりとしてしまっていて、お尻を突き出した格好のままハアハアと言って動こうとしない。


俺はまだ元気だった、というか尻を触っていただけなのでまだ出していない・・・。


俺はズボンだけ脱いで、まだ疲れている優のお尻を掴んで勃起したチンポを押し付けた。


そしてお尻の割れ目に思い切り擦りつける。


「あっ!!」


優のマンコをより強く刺激するため、お尻の肉を掴んで割れ目を開く。


「んあっ!あっ!あっ!あっ!あっ!」


さっきの余韻が残っていたのだろう。優のマンコの部分は布が湿っている。


バックから挿入しているように見えるだろうが、俺はトランクスを穿いているし優はジーンズのままだ。


しかし、擦れる性器から確実に射精感が俺に流れる。


俺は優のお尻の割れ目にチンポを擦りつけ、左手で前から股の間に手を入れて股間を揉み、右手の指で肛門の辺りをぐりぐりしていた。


射精が近づくと、俺の擦るスピードが上がって優の声も大きくなる。


「はぁ!ダメっダメぇ!!あっ!!いやっ!!もうっ・・・・」


俺の指先が肛門にめりんだ辺りで優はビクンッ!!って感じで体を震わせた。


後で聞いた話なんだけど、これは軽くイってたらしい。


ジーンズの上から触ってイクとは思ってなかったのでビックリした。


俺は優がイった後もしばらくお尻にチンポを擦りつけてようやく射精した。


優のジーンズは、マンコの辺りが俺のよだれや精液、それに優自身の液で濡れてた。


優はお尻と体をプルプル震わせていた。


俺はその後もしばらく震える優のお尻を割れ目中心に撫で回していた。




    他サイト超厳選PICKUP!