毎年、女の子が10人ぐらい新人で入ってくる。
立場上、新人研修につきあうが、この10年で2回ほどいいことがあったんだな。
夜はお酒で盛り上がって、俺も用事が終わればまあ、懇親。
で、5年くらい前のことだけど、程よく酔っ払って部屋に向って廊下をあるいていると、女の子用の部屋の1つのドアが開いていて、その期の一番美人の子が窓のほう向いて立っていた。一瞬、頭に血がのぼり、俺をドアに向わせた。 

☆おすすめ記事☆
まあ、そのときは同室の子もいるだろうから、4人で、男一人で飲んだら、もしかしてぐらいに一瞬計算したんだね。
で、「よお、なんだこんなとこにいるの、俺もここで飲ましてくれよ」てなぐあいに、スケベおじさんだよーて、受け狙いで入ったんだよね。
そしたら、彼女1人だった。

俺はこんな時まじめだっけど、焦ってるの知られたくないとお思い、ベットにゴロンと座ったんだよね。
あれ、みんなは?なんて言ってたと思うけど、よく覚えていないが、彼女が「研修ってたいへんですね」とかいって、横に座ったの。
なんか俺は適当にいったようだけど覚えてない。

(彼女は辻褄が合って無かったといって後日わらってたぐらい)で、思わず、サーと抱き寄せたんだ。
彼女はクスクス笑いながらみをよじったので、その勢いでベットに寝るような感じになった。

後に戻れないから、そのまま、上に覆い被さりキスをしたんだ。
でも、彼女抵抗しないで、口を合わせてきたので舌を入れたんだよね。
その時はまだ、胸とかには触れず、頭を抱き寄せるだけだった。
俺はそれだけでも興奮しちゃったよ。

髪の毛の感覚がたまんないのよね~ドアが開いてるし、同室の子のことも気になって、そこで俺は研修担当でシングル部屋をこりゃもう使うしかないわ、とおもい、彼女を誘った。
彼女は少し恥ずかしそうに笑ってたけど、まあ、ここで見つかっても駄目だろうと思い、すべて彼女の判断にまかせた。
と、いうより、手を引っ張っていたんだよね。

勿論、廊下は誰に会うか分からないから手を継がなかったけどね部屋に入るともう俺はびんびんね入ったとたん抱き着いて、キスを求めて、ベットに座りながら舌を入れてという感じで。

彼女も俺の焦りを弄ぶように少し、笑いながら舌を絡ませてくれた。
俺の右手で彼女の頭を支え、そのまま、俺は左手を彼女の浴衣の袖になるところから背中にいれ、ブラのラインを這うように手をいれた。
彼女はくすぐったいと、一旦、口を離したので、そのまま押し倒して、俺の顔を彼女の胸に埋めた。

もう後は、浴衣を胸元からはぐようにし、ブラの肩紐ずらして、この瞬間がたまんないね。
お椀のようなオッパイがポローン今思い出してもたまらない瞬間だった。
俺のティンさんはかんかんになっていて、浴衣からトランクスごと出ちゃってた。
彼女も、乳首を吸うと、気持ち良さそーに、「ウファーん」といっていた。

2つのオッパイを両手でもみながら、1つの乳首を吸ったりかんだりして、右足は、ひざで彼女の股間をかきわけ、左足はしっかりと、身体を支える。
結構、疲れるね。
そのうち、浴衣の紐が邪魔になってきたので一旦、身体を離した。

で、おれはすぐにトランクスを降ろし裸になった。
で、彼女の浴衣を剥ぎ捨て、引っかかっていたブラを外してやり、キスをした。
ここから、本番やでー。
舌をオッパイのほうにずらして、乳首をペロペチョ。
で、ティンさんで、彼女のパンツの上から股間をこんこん。
手は上腿を支えて。

で、顔を彼女の胸に埋め、、手を自由にして俺は一気に手をパンツへ。
彼女は、股間に触れたとたん、ピクンとなり、大成功。
そのまま、パンツの上からグリグリスリスリ。
この時点で、もう、染みてました。
で、おれは、舌をオッパイからおへそに移動し、パンツのところへ。

左手は逆にオッパイへ。
右手と舌で、パンツの縁をツーーーーと、彼女の液体を潤滑油に、ツーーーーと。
彼女は「アーhhhh」先のオッパイでよがりすぎて、声がもうかすれて少しハスキーボイスにひひひ。
おれが完全に主導権を握ることになった。
しかし、この時の俺のカッコはなさけないだろうなぁ。
彼女の股間に顔を埋め、ほとんど正座状態だった。

でも、彼女の足と足の間に正座し、肩で股間を広げ、手はオッパイ、口はクリちゃん口撃。
彼女はカエルちゃんで、手はおれの頭。
ピチャクチャ、この辺は良くある書いてあることなのだけど、自分がしている時はそれを思い出して、ますます興奮してくるんだね。
だから辞められない。

いつも、嫁ハンにしていても、相手が違うと全く違い、ますますねぇ。
でもここは冷静に彼女の反応を見て、少し飽きてきたら今度は、いったんすばやく口は離し、手はクリをほじくり返してながら、彼女にまたぐ。
そうそうそう、、、ピンポンピンポン、69ですーーーしかし、まだまだ、少し俺のティンを持ってもらい口に入れてもらうよう、彼女の口に近づける。
でも、角度があんまりよくない。

で、彼女は口に入れようと頑張っているので、ここで、口をはなし、俺がゴロンと横になり、彼女を誘導。
上に載せる。
俺のティンに吸い寄せられるように彼女は俺の上にのってきた。
作戦成功、でもないか。
ここまできたら、人間、だれでもこうするか(笑)これで、彼女は自由の身でおれのティンを咥え、俺は不自由の身で彼女のクリを口撃す。
彼女も慣れたモンなんですね。

あとから聞くと彼女の3本目だったそうで、回数はちゃんと答えませんでしたが、高2から短大卒までの約4年のキャリアだそうです。
でも、こりこりとティンのカリをカリカリしてくれ、寸前まで。
我慢汁だらけ。
無理矢理その都度おれは口から外してもらいました。

俺のシングル部屋に入ってからたぶんこの時点で1時間は過ぎていたと思う。
いつもなら、カリカリいく前にシャワーを浴びるのですが、一応、二人とも風呂に入っていたので(股間の茂みに心地よい石鹸の匂いが残っていた)3回目に俺がイキかけた時に、もう我慢できなくなりました。

彼女はだいぶ興奮はしていますが、少しだけ、落着いていたようです。
これは失敗。
なんか、口元に笑いを浮かべていたので、おれも、その口に舌を持っていきました。
当然ゴムなしなので、一応、「中でいいかなぁ」とささやいたら、冷静さを取り戻していたんだろうか、「ダーメ」のひとこと。

「ジャ、途中でぬくから」と。
情けない。
彼女は笑ってた。
最初のキッスとは違い、今度はべとべと。
彼女を抱き寄せ、そのまま、ティンを挿入。
ツルーーーーンという感じ。
嫁ハンとはホントにこの辺が違う。

彼女の3本目はこれまでの2本目と比べてどうだったのか。
それは結局、後から教えてくれませんでしたが、満足はしてくれたのかな。
ツーーーとはいって、彼女の液体が俺のティンをジュワーと包み込んだとたん彼女は俺の肩を抱き寄せた。
おれも、この肩を大事そうに、力が入っているわけでもない持ち方をされると、どうしようもなくなる。

ゆっくりと、腰を振らせてもらうと、その度に彼女のかすれたよがり声が響く。
(隣の部屋の先輩に翌朝、「オマエ、エロビデオあんまり大きな声で見んなよ」といわれてしまいました)気にせず(いや、気を付けるのを正直忘れてました)ぐいぐいいった。

途中で上腿を離し、くっついているところだけで、彼女をカエルちゃん状態でつきました。
で、俺が座り、いわゆる座位でしましたが、これはあんまり良くなかったようです。
途中で抜けてしまいました。
そしたら、彼女「バックして」というので、OH!と思いながらチャレンジ。

嫁ハンはバックが好きなのですが、後ろ付なので、おれは中途半端にひざ立ちになりつらいのですが、彼女は割とまえ付きなんですね。
ほとんど正座で爪先を建てるだけで彼女はできました。
なるほど、これがワンワン状態かと観察しました。
ワンワンがおし*こする時みたいな格好でした。

で、おれは、オッパイをまさぐり、乳首をコリコリすると。
「アhhhh、フhhhhウーーー」といってました。
俺も気持ち良くなってきたので外しました。
そして、やっぱり王道。
正常位です。

もとにもどりました。
彼女は、背中をまるめ流程、俺に抱き着き、俺も彼女の首と背中に手を回し本当に、一体となれる瞬間を向えました。
しかし、残念なことに、やはり、彼女の最後のことば「気持ちいい。あーこども、子供が、あー」
「だめ、あー」
「ごめんね、こどもがーあーー」というので約束通りぬきました。

この後のまどろみのなかで聞くと、彼女は本当に気持ちいい時に子供ができると思っているそうです。
ウソでも嬉しいモンでした。
しかし、こっちのティンは大爆発。
本当に間一髪でぬき、ベットを汚してはいけないという思いが一瞬よぎり、手にしたものでティンの口を封じましたが間に合いませんでした。

彼女の股間、お腹、おへそと飛びまくってくれました。
入社したてのしかも、美人の子相手にこんなことできるなんて思っても見ませんでした。
しかもゴムなしで。
いままで、ゴムを準備しなかったことはなかったので、こんな緊急事態も初めてでした。
で、飛び散ったものの、ティンを抑えつけたのが、なんと、彼女の浴衣でした。
そうとは知らず、終わった後の余韻をキスをして楽しみました。

まあ、このまま、この関係が続くと嬉しいけどヤバイなと思っていましたが、彼女とは、遊びで、このときとは別に2回ほど半年ぐらいあけて関係しただけで無事終わりました。
で、ベットで話していて、一旦帰って、また朝この部屋に来てくれることになりました。

確か11時半をまわっていたと思うけれど、部屋に帰ろうと彼女はシャワーを浴び、同室の子への言い訳を冗談で言い合っていました。
で、その瞬間、さっきのティンの処理をしたものが、彼女の浴衣である現実が目の前に。
彼女のパンツにもベチョっとついて、カチカチになっていました。

まあ、パンツはキスをしながら穿いていただきましたが、浴衣はね。
で、フロントに電話して、「大きいんでSサイズの浴衣を」と言って浴衣を持ってきてもらいました。

しかし、Lサイズの浴衣きたおっさんがSサイズを受け取るのはすごく変ですが、背に腹は代えられないので実行しましたが。
まあ、他の子達も他の部屋で遊んでいたらしく、彼女も疑われること無く朝から、また、再度挑戦できましたし、めでたしです。

俺も浮気もばれず、彼女とあっさりした関係でいられたので本当にいい思い出です。
しかし、俺にしては彼女は美人なので、どうしてか聞くと、奥手なのが幸いしたのか、ぎらついてなくて誠実そうだからということでした。

やり手の先輩は少し苦手で、辞める時の相談も真っ先にしてくれたようです。



他サイト超厳選PICKUP!