学校が春休みになったが、俺には一切休みがない。

なぜなら運動部に入っているから春休みも部活があるのだ。
部活はバドミントン部で結構真面目にやってる方。

俺「愛ー!もう寝ろよー」

妹の愛に、夜になったら歯磨きさせて寝させろと両親に頼まれてる。
ちなみに両親は春休みに実家の方に泊まって、なんだかわかんないけど宴会でもしてるらしい。
今日中には帰っては来ないだろう。

愛「・・・」

俺「返事なしかよ・・・まあ良い。たまには自由にさせるか」

俺はまだ高校生なのだが、もし結婚して子供を作ったら、子供には『悪いことは悪い』とある程度だけしかって、後はのびのびとさせてやろうと考えてる。
こういの考えるのはまだ早いか。


☆おすすめ記事☆

春休みと言ってもまだ3月だし少し寒い。

俺「あ、ティッシュなくなった。1階に余りあったけかな~?」

なんで春なのにこんなに寒いんだよー、はぁー。
ため息をつき、1階に降りると、そこにはゲームをする妹がいた。
おいおい、こんな時間にゲームって。
まあ、お父さんお母さんがいないから怒られないだろうけど。
両親はやさしいのだが、決まりごとなどは守らないと結構怖かったりする時もある。

俺「おーい、そろそろやめ・・・」

妹の様子のおかしさにびっくりして途中で言葉がなくなった。

愛「あ、あっ、ぅんふっ!」

俺「ふ、腹筋でもやってんのか?」

妹はリビングでオナニーをしていた。
カーテンも閉めてあり、部屋の明かりも消してるわけだが、テレビ画面の明かりで妹のおまんこが見えてる。




妹の『アレ』を見ててもいいのか?
いや、でも滅多に見ることができない・・・。
妹は必死に、でも可愛いアヘ顔で、自分のあそこを指でかき混ぜたり、ぐちゅぐちゅ音を出してる。

(女のオナニーってこうやってるんだ・・・)

ぐちゅ・・・ぐちゅっ、ぬちゃぬちゅ・・・。

音の大きさが増すごとに愛の表情は引き攣り、耳や顔が赤さを増している気がする・・・。

愛「ふぁ!ぅぅ~んっ!あはぁっ・・はあぁはぁあ。き、気持ちぃい!」

完全に声出してるし、何より俺のあそこがもう硬くなってる・・・。

(やばっ!愛に見つかるっ!)

俺は愛の視界に入らないように階段の陰に隠れた。
片方の目でそーっと見てみると、愛は洗面所に向かっていた。
洗面所から戻ってきた愛が片手に持っているものは、なんと俺のパンツだった!

(なんで俺のパンツ・・・)

妹がリビングに戻り座る。

愛「あぅはぁ・・・なんかお兄ちゃんとセックスしてるみたい・・・ふふ」

愛が俺のパンツでオナニーしてる!
しかもそのパンツを嗅いだり・・・あそこに擦ったり!
俺は妹の行動を見てもう我慢ができなくなってきた。

俺「おい愛!何してんだっ・・・」

愛「ひゃあぁ!お兄ちゃん??」

愛は自分がやっていた事が、俺にバレてしまったのがまずかったように手で隠す。

愛「お、おに・・・言わないでね!ママとパパにはっ!」

俺「言うはずないだろ、こっちも恥ずかしいっつの」

愛「そ、そう?よかった、でも、お兄ちゃんに見られちゃったし、どうしよう・・・」

愛が困った顔で「どうしよう?」とか言うのが、いたいけな感じがして俺はもう抑えきれなくなった。

俺「おい!その後ろに隠してるもの見せてみろよ」

愛「ええっと、はいこれ・・・お兄ちゃんのだったね」

俺「か、勝手に私物を盗んだな」

愛「っ!?ぬ、盗んでなんかないよ・・・ただ、そのちょっと借りた・・・その、・・・ごめん」

俺「お前が俺のパンツでオナニーしてたの・・・結構嬉しかったよ?」

愛「う、嬉しかったの?お兄ちゃん?」

俺「ああ、でも完全に許したわけじゃないけどな」

愛「じゃどうすれ・・・ひゃっ?!」

俺「ごめんな、こんなお兄ちゃんで。俺、妹に欲情してるわ」

愛「え、?ええっとお兄ちゃん・・・セックスしたいの?」

俺「ああ、お前の体でな」

愛はすぐに受け入れてくれた。
それが妙に自然で当たり前のような流れになっていたから、俺はすぐに部屋からコンドームを持ってきた。




俺「キスからでいいか?」

愛「キ、キキキス」

俺「いいから俺の言う通りにしろ」

愛「んはぁ!っぁぁはぁあ!」

俺「次はもう入れるぞ」

愛「うん・・・」

愛も俺に素直になってきてる。
とりあえず正常位からやってみることにして、愛をソファーに寝かせた。

愛「・・・なんかこれってすごいことなのかも・・・ね」

俺「そうだな、妹と兄がセックスなんて漫画くらいだろう」

愛「学校で言ったらバカにされちゃうね」

俺「言うなよっ・・・でもお前、俺のこれが嫌いじゃないだろ?」

愛「ふああっ、おっきい、これ、があたしのに」

俺「気持ちよくしてやるからな」

愛「ぅふふっそう?」

すごいことをしてるなと、後から思えばそう思う。
でもこの時は妹にしか目がいかなかった。
妹の愛は結構エロい体をしていて、実は以前、妹で抜いたこともある。
それが今は妹とセックス。

愛「あァっそ、んなっつよっく!!イクっ!絶対イッちゃうっ」

俺「本当にイキやがったよ・・・でも妹にしてはよかったぜ」

俺も初体験なのに、ちょっと他の子ともやってるようなアピールをしてみた。
すると妹は振り向きざまに俺のちんこをフェラしてきた。

俺「マジかよっ!って・・・っぅあ!っ!!・・」

愛「ぅふーっ(ぬちゃ)、ぅふっ、はぁーんふぅ、どう?」

俺「最高だよ、もっとやってくれ・・・んは!」

愛のフェラのスピードが上がっていく。
それにつれて愛の呼吸が荒くなり、俺のちんこに吸い付く。

俺「もうっ!イクぞ!」

愛「!!?わっ・・・ぅふ・・・これがお兄ちゃんの・・・ゴクッ」

俺「飲んだのか?」

愛「うん・・・お兄ちゃんのだったら平気・・・」

それからも俺たちは、セックスフレンドのようにじゃれ合ったり、もうなんでもありなのかと思うくらいたくさんやった。
特に愛をバックから突いた時の喘ぎ声や、騎乗位させた時の辛そうでも可愛い顔がたまらなかった。
それから毎晩、家族が寝たのを確認してから俺たちはキスしたりクンニしたりした。
ほとんど攻めは俺だが、妹のエッチされてる時の声と表情がたまらなくて毎日妹の部屋に行ってしまう。

さすがにそれから2ヶ月ほど経った今は、少し日にちを置いてからにしてる。
今ではもう緊縛プレイとかもしてる。
(安心してください、半分ジョークでやってますから)
後、グロいかもしれないけど、愛のおしっこを飲ませてもらった日もあった。
もう2人の中では、俺は妹とセックスするのが当たり前、妹は俺とセックスするのが当たり前みたいな感じになってる。
普段の日常がガラリと変わったように思えるが、それは夜だけの話だから問題はない。

愛、これからも仲良くやってこうぜ!
ちょっと話を盛ったところもあったけど、7割方本当だと思ってもらって構わないです。

▼安心の大手出会い系サイト

ミントC!Jメール[登録無料]

使い易さ度

100%

出会える度

100%

即エッチ度

100%

運営10年の老舗サイト♪[アダルト・H]掲示板の書き込み数がハンパないっす

ハッピーメール[登録無料]

使い易さ度

90%

出会える度

100%

即エッチ度

90%

超大型出会いのコミュニティーサイト!☆★日本最大級の会員を誇り、皆様に出会いを提供し続けて15年

PCMAX[登録無料]

使い易さ度

90%

出会える度

100%

即エッチ度

100%

[すぐ会いたい]掲示板が激ヤバです!セフレや割り切り相手を探すならココが最強!

ワクワクメール[登録無料]

使い易さ度

100%

出会える度

100%

即エッチ度

90%

egg・Happie・BLENDA等女性ファション誌多数掲載で新規の女性登録者が男性の2倍以上いるのも最大の特徴


他サイト超厳選PICKUP!