大学時代にサオリという女友達がいた。

身長は155くらいで胸はC。体は細くもなく太くもなく、顔はキレイ系。

大学2年のとき、講義のノートを貸したことがきっかけで話すようになった。

3年生の春が終わる頃、サオリと話していると

「バイトをしたい」

と言ってきた。


サオリは隣の市から電車で通っていて、時間の都合でバイトをするにはかなり制限があった。

「オレがやってるとこで1人募集してるけど、やる??」

「でもあたし電車だから、帰りどうしよう・・・」

「帰りはオレが送ってやるよ」

「マジで??往復2時間以上かかるよ??」

「いいよ、サオリなら」

店長に話を通し、サオリもバイトをするようになった。

いつも通りバイトを終えると、サオリが

「これから流星群見に行こう」

と誘ってきた。

☆おすすめ記事☆

途中の山の中でクルマを停め、地面にシートを敷いて2人で並んで座った。

最初は座っていたが、寝転んだ方が楽だと気づき、2人で仰向けになった。

「Tくん(オレ)ちょっと・・・」

とオレの腕を掴み、自分の頭の下に置いた。

「ん?腕枕?」

「うん。あたし、腕枕好きなの」

オレは体をサオリの方に向け、空いてる手で髪を撫でた。

「サオリの髪、キレイだね」

「撫でられるの気持ちいい」

体がくっついてサオリの胸が当たってるのがわかる。

少し勃ってきてしまった。

2人で眺めていると、時折大きな流星も見えて盛り上がった。

少しの無言の後、サオリが言った。





「ねえ、Tくん。いつも送ってもらってるお礼に気持ちイイことしてあげよっか???」

「!?!?!?」

いきなりの発言に驚いて何も言えなかった。

「あたしじゃダメ??」

「・・・気持ちイイって何??」

「わかるでしょ!?手とか口でするヤツ」

「気持ちイイのは好きだけど・・・何で??」

「ん~Tくんならしてもいいかなって」

「一度されたらまたしてほしくなるから、しなくていい」

「じゃ、してほしい時にしてあげるから。送ってもらう時してあげるよ」

「口でしてくれる前に、チューもしたい。オレ、キス好きだから」

「いいよ。じゃチューもしよ」

「しよって言ってするのも味気ないな・・・」

そう言うとオレはサオリを静かに抱き寄せた。

少し驚いたようだが、サオリもすぐに応じた。

目の前に顔がある。

オレはそのまま静かに唇をサオリに近づけた。

心臓をドキドキさせながら、舌を軽く絡ませてサオリの唇を味わった。

しばらくキスしてると、サオリの手がオレの股間を触ってきた。

「Tくん、スゴい大きくなってる。おっきいの触りたい」

外灯もろくにない田舎の山。

サオリはオレの下半身を脱がすと、固くなったモノを優しく手でシゴいてきた。

「あたしの手、気持ちいい??」

「うん、手だけでイキそう」

「じゃ、こうしたらどう??」

舌で先を舐め回すと口の中に咥え込んできた。

「ん・・・ん・・・」

手と口で攻められた。

「サオリ・・・スゴい気持ちイイ」

根元やタマも舐められ、オレはただサオリにされるがまま。

こっちも攻めてやろうと思い、サオリの胸に手を伸ばした。

サオリの上半身をめくり上げブラジャーに包まれたオッパイを触った。

ブラ越しに触っても物足りないので、背中のホックを外し、生乳を揉んだ。

「サオリの胸、柔らかい・・・」

そう言うと乳首を吸い上げた。

「あぁぁオッパイいいって言ってないのに・・・あたし乳首ダメなの・・・」

乳首を舐められながら、手はオレのをしごいていた。






「サオリ、その手、ヤバイ。出そうになる」

「出したい??」

「サオリの口の中でいい??」

「いいよ。いっぱい出して」

口の中に先を含むと、手も動かし、数分後、オレはサオリの口へ大量に放出した。

「Tくん、どうだった??」

「サオリ・・・スゴすぎ。スゴい気持ちよかった」

「ほんと!?よかったぁ」

それからというもの、帰る途中でいつもフェラしてくれた。

オレもサオリのオッパイを揉んだり吸ったり。

いつもオレばかり気持ちいいので、サオリもと思い、サオリの下半身へ手を入れた。

「!!!」

サオリもびっくりしたようだったが、そのまま指が中へ入ることを受け入れた。

サオリの息が上がり、あまりの気持ち良さにオレにしがみ付いた。

「サオリ、これいい??」

「うん。スゴい気持ちいい・・・」

指を動かしやすいようサオリの下半身を脱がした。

「ねぇ、Tくんのこれ、入れてほしい」

「今、ゴムないよ」

「生でいいから・・・ほしい」

「いいの??入れても」

「うん」

クルマに寄りかからせながら、サオリに静かに入れた。

フェラとは違う感触で包まれた。

前から入れた後、バックで突いた。

どのくらい経ったかわからないが、出そうになってサオリから抜いた。

「Tくん出ちゃいそう??」

「もう、ヤバイ」

「じゃ、いつものしてあげる」

ゴムがないので、最後はサオリのフェラで出した。

「サオリ、今度部屋でちゃんとしよっか??」

「うん、しよ」

サオリとは卒業までの間、友達だけどセフレのような関係が続いた。

☆おすすめ記事☆