俺は自分のワガママで奥さんと子供がいるのに仕事を辞めてしまった。

仕事を探しても見付からず、途方に暮れていた時に、こんな俺に手を差し伸べてくれたのは前の会社の研修で指導してくれた高橋満先輩だった。


満先輩は会社を辞めて仕事のない俺のことを心配し、知り合いに頼んで食品会社の冷凍庫での夜間勤務の仕事を世話してくれた。


俺は満先輩の温かい気持ちに感謝して直ぐに働き始めた。


それから満先輩は俺や家族のことを気に掛けて俺のアパートに頻繁に来てくれる様になり、慣れない夜勤で疲れて寝てばかりの俺に代わり、俺の奥さんを買い物に乗せて行ってくれたり子供の相手をしてくれた。


俺と俺の奥さんは満先輩に感謝し、本当に心から信頼し尊敬した。


ある日、俺はいつも大変お世話になっている満先輩に俺の奥さん手作りの夕食に招待した。


満先輩は喜んで酒を土産に来てくれた。


食事が終わり、酒に弱い俺はコタツでウトウトし始めたが、何より、信頼し、尊敬する満先輩と俺の愛する奥さんが楽しそうに談笑しているのがすごく嬉しかった。


でも、間違いは直ぐに起こった。


☆おすすめ記事☆

俺が寝ていると思った俺の奥さんが、満先輩に


「満さんみたいな頼りになる人と結婚したかった」


と言った。


そして、満先輩が


「俺は恵一(俺)がうらやましい。可愛い奥さんがいて」


二人は当然のようにキスをして、満先輩は俺の奥さんのオッパイを揉み始めた。


俺の奥さんは「あんっ」と声をあげた。


俺は一気に酔いが覚めた。


だが、


「やめろ!」


の声が出ない。


とうとう満先輩が俺の奥さんの乳首をイヤらしくシャブリ始めた。


終わった。なにもかも。


俺の奥さんは感じて


「あぁん、うん」


と喘ぎ声を出した。


満先輩は俺の奥さんが母乳が出ることに気付くと、夢中になって乳首を吸い、母乳をタップリ飲み続けた。


それに満足すると、満先輩はとうとう俺の奥さんのスカートと下着を一気に脱がせた。


見馴れた俺の奥さんの可愛いお尻とマンコが丸出しなった。


満先輩は、遠慮もせず俺の奥さんの可愛いマンコをイヤらしく舐めはじめた。


俺の奥さんは感じて


「あぁん、いやぁ」


と喘いでいた。


我慢できなくなった満先輩がシャツを脱ぎズボンを降ろすとスゴく毛深い股の間から、今まで見たことのないスケベなデッカイチンポが反り返り勃起して、重量感のあるデカ過ぎるキンタマがぶら下がっていた。



その向こうに俺の奥さんの可愛いマンコが濡れそぼって満先輩のスケベなデカいチンポの挿入を待っている。


俺はその瞬間をじっと見つめた。


満先輩は自分のスケベなデカいチンポを掴み自分の唾を塗りたくって、俺の奥さん可愛いマンコにあてがうと


「ヴウッ!」


と喘ぎながらグイッと腰を入れた。


俺の奥さんは、これまで出会ったことのないデカいチンポの進入に耐えるためか、満先輩の背中にしっかりと腕を回した。


満先輩はスケベなデカいチンポを一度先端まで引き抜くと、グイッと力強く腰を入れた。


俺の奥さんは


「あぐっ、うぅん」


と唸り、満先輩は俺の奥さんの尻を掴み、奥まで突き上げる何度も何度も注挿を続けた。


そして、とうとう満先輩の息遣いが荒くなり


「ウッ、ウォッ!」


と唸り声をあげ、俺の奥さんの尻を抱え込み、深く突き上げると、俺の愛する奥さんの子宮に精液を送り込んだ。


満先輩は


「ウッ、ウンッ」


と何度も何度も奥深く突き上げた後、俺の奥さんの可愛いマンコの肉壁を名残惜しむかのように、腰を何度も何度もスケベにイヤらしく回して味わい、太くて長いスケベなチンポを引き抜いた。


それと同時におびただしい量の黄ばんだ濃厚なドロッと流れ落ちた。




「ウゥ〜ッ!」


と満先輩は尻餅を突くように座り込み、俺の奥さんはしばらく満先輩の臭いのキツイ精液で汚れたマンコを晒して、満先輩の胸毛のビッシリ生えた胸に顔を埋めていた。


すると、満先輩はスケベな顔で図々しく


「なぁ?もう一回いいべ?」


と俺の奥さんに言い寄って抱きしめた。


それから朝方まで俺たち夫婦のベッドで、満先輩はスケベなデッカいチンポで俺の愛する奥さんの可愛いマンコを何度も何度も力強く突き上げて、俺の奥さんの子宮の奥に何発もタップリと精液を送り込んだ。


それからもスケベな満先輩と俺の奥さんの関係は続いている。


俺も真剣に悩んでいるが、何故か満先輩には言い出せない。


他サイト超厳選PICKUP!