出会い系で性獣と知り合った。

この女は、露出狂のメンヘラ変態女で

名前はアイと言う。

なにしろ、彼女の方から、

野外露出セックスを誘ってきたのである。

バレないように、洋服きたままの青姦じゃなく、

露出エッチを。

女の方からSEXを誘ってくるなんてことが、

まず、俺の想定外だった。

モテない人生を歩んできたもんでw

そんな非モテの俺に

野外露出でのセックスをおねだりしてくるなんて

確かに、人気の全く感じられない

深夜の展望台だったけれども。

☆おすすめ記事☆

人間より幽霊の方が

出現確率が高そうだったし、なんとなく、

いいムードになって、キスしてしまったのは俺だけど!

野外露出でキスするのと、

野外露出でセックスするのは、

全然、違うと思うわけで。 

俺の手をとって、おっぱいの上に誘導してきたり、

股間をまさぐったりしてくる

痴女のアイの積極性にドン引きした俺は、

「ここじゃまずいよ。

いつ人がくるかわからないし」

せめて、車の中に戻って、

カーセックスなら許容できたのに、

強引に押し切られてしまった。

「ねえ、いいじゃない。車の明かりがみえたら、隠せばいいんだし。」

そんなことをいいながら、

どんどん服を脱いで、アイは屋外で全裸になってしまう。




なにも全裸になること、ないんじゃないかな。

人が来たらどうやって隠すんだ?

俺がパニックになっている間に、

俺のハーフパンツも

無理矢理に剥ぎ取られた。

俺の足元にしゃがみ込んで、

中勃ち状態のちんぽに

しゃぶりついてくる姿は、

淫乱以外の何者でもなく。

むしろ、コイツ、変態なんじゃねーの

なんて思いつつも、フェラチオされると、

快感に弱い俺のちんぽはソッコーで

フル勃起してしまい。

なすすべなく、野外露出セックスへと

突入してしまうのだった。

展望台の柵に掴まったアイは、

俺の方にぷりんとしたおしりを突き出して、

「早くぅ、せっかく勃起したんだから、

おまんこに入れてよぉ。」

前戯なんて全くしてないのに

もうおまんこ汁を垂れ流しまくってるアイが

ダンスするようにお尻を左右に振ってみせた。

なんとも微妙な据え膳だけど、

喰らわないわけにもいかず、

こうなったらさっさと済ませて、

車に戻ろう!と覚悟を決めて、

アイのおまんこにちんぽを挿入した。

全く前戯なしなのに、

アイのおまんこは、スムーズに俺の

ちんぽを受け入れて、

きゅむきゅむとしめつけてくる。

アイがかなりの名器だってことは、

そう女性経験が多いわけでもない俺にも、

保証できると思う。

一度ちんぽを挿入したら、

射精するまで絶対に

逃がさないみたいな勢いで、

ちんぽに絡み付いてくるのだ。

引き抜くときはすごい抵抗感で、

膣壁まで一緒に出てしまいそうな

くらいねっとりと絡んでくるのに、

押し入れるときは拍子抜けするほど

すんなりと最奥まで迎え入れてくれる。



アイは俺の腰の動きに合わせるように

よがっていたが、物足りなくなってきたらしく、

自分から片足をあげて、柵にひっかけ、

結合部をみせつけてきた。

「淫乱にもほどがあるだろ。そんなにちんぽを咥え込んでるいやらしいおまんこをみてほしいなら、手伝ってやるよ。」

俺はアイの両足を抱えあげて、

くるりと道路側を向いた。

後ろの柵にもたれかかるようにして、

アイの体重を支えながら、

ずんずんと突き上げてやる。

子供におしっこさせるような

格好になったアイは、むしろ興奮して

悦んでいるらしく、さらにおまんこが

キツくちんぽをしめつけてくる。

野外露出セックスで完全にテンパっていた俺は、

冷静な思考ができなくなっていて、

夢中で腰を振り続けて、

射精しそうになっていた。

あと10秒ほどあれば、

確実に中出しできていただろうに、

突然、アイが叫び声をあげて、

はっと我に返ってしまう。

「向こうに明かりがみえるの」

俺はすぐにおまんこからちんぽを抜き取り、

二人分の衣服を抱えて、車にダッシュする。

アイもすっ裸のまま、車に乗り込んで、

俺の愛車の助手席の

シートに愛液のシミをつけやがった。

車に乗り込んでしまうと、

アイは脱いだときの勢いがウソみたいに、

のろのろと服を身につけ始めて、

俺をいらいらさせた。

幸い、車の明かりは

まっすぐに通りすぎて行ったので、

ほっと胸をなでおろした。

「なーんだ。行っちゃったね。焦って損したー。」

いや、通りかかるだけでも、あんなところで

野外露出セックスしてたら、バレバレだろ!

変態カップルが痛いことしてるよ

くらいに思って、スルーしてくれればいいが、

通報されたり絡まれたりしたら、

大変なことになってしまう。

中途半端に服を着たアイは、

外に出て続きをやろうとしつこく誘ってきたが、

一度、理性を取り戻した俺は、

とてもそんなリスキーなことを

する勇気はなくなっていた。

「そんなにヤりたいなら、俺の膝の上にのれよ!カーセックスならしてもいい。」

射精寸前でお預けを喰らった俺としても、

射精はしたかったので、

譲歩してみたのだけど、あっさり、

「じゃ、いいや。誰か他のセフレ呼ぶから、ここで降ろしてくれていいよ。」

断られた!

とんでもない淫獣だ。

露出SEXしないなら、

俺はもう用なしだと・・・

いくらなんでも、こんな時間、

こんなところに女の子を

置き去りにするわけにもいかなくて、

せめて待ち合わせ場所まで

送らせてくれと粘ったのだが、

全然いうことをきかないので、

俺はついにキレて、野外露出セックスを続行した。

「もー、外でHしてくれるんなら、最初から素直にいってくれればいいのに。」

「うるさい!早くパンティ脱げよ。」

アイがパンティを膝までおろしたところで、

強引にちんぽを突っ込んだ。



めちゃくちゃにピストン運動して、

さっさと射精してしまおうと

思うのに、焦ると逆に、なかなか射精できない。

やっと射精できた頃には、

すっかりアイを満足させてしまっていた。

シートは汚されるし、

車内にヘンなニオイがこもるし、

寿命が縮まる思いはするしで、

性獣女にかかわると、

ろくなことはない。
他サイト超厳選PICKUP!