私、まだ去年の秋に結婚したばかりの新妻なのです。でも、見合いで結ばれた夫には、いまひとつ、しっくりとはなじめません。

それに、勤めていた会社も辞めずに、今でもそこでずっと働いているので、新婚のくせにして、家に帰り着くまでは夫のことなどほとんど忘れているような生活なんです。


そんな私は、あるとき「新婚生活の気分はどうだね~」と、からかうように声をかけてきた課長の井上さんと、一緒にお茶を飲みに行ったのがキッカケとなって、とうとう不倫の仲になってしまいました。そして、今では彼とのセックスに狂いまくっているのです。


私たちは、お昼休みにラブホテルに入って、それこそわずかの時間にやりまくり、刺激のある快感を満喫しないではいられません。

なんだか私、自分が、売春婦にでもなった気分もしてきて、スリルがあってとっても興奮してしまいます。

私が、甘ったれた声を出して「ねえ、課長さん、こんどはバックからしてェ!」と言って、自分からベッドの上に四つん這いになってお尻を突き出しますと、井上さんの目の色が変わってきました。

☆おすすめ記事☆

「ふーん、キミ、このラーゲが好きなのか~」と訊くんで「ううん、とくべつに好きというわけでもないけれど、主人とはやったことがあるわ。わたしね、いろいろ試してみたいのよ」そう答えていました。

わたしってSEXのことになると、いろいろと深求心が旺盛なんです。というと、いかにもかっこいいけど、ほんとうのところは〝スケベな女”というだけかもしれません。たしかに自分でも呆れるくらい、わたしってスケベにできています。

だから、まだ新妻だというのに、こうして仕事先の上司と不倫の情事に狂い、あれこれといろんなSEXを試してみないではいられないのですから・・・。

ラブホテルの部屋の中、ベッドの上で全裸になってからみあっているのは課長さんの井上さんとわたしの二人なのでした。それまでの情事のときにも、いろいろと試してきました。

フェラチオやクンニなんかも、すでに夫とは経験していましたけれど、相手が変わると味わいもまたずいぶん変わるものだなと思いました。

しかし、シックスナインをしたのは、井上さんとが初めての体験でした。そのときのめくるめくような快楽は、鮮明に肉体の奥に灼きつけられて忘れることができません。そして、この日は、井上さんにどうしてもバック攻めをしてもらいたかったのです。




夫にそれをされたとき、どういうわけか夫は挿入したとたん、アッというまに射精してしまったのです。まるで早漏でした。ふだんはそうでもないのに、そのときの夫はよっぽど興奮していたのかもしれません。

わたしのお尻のほうへ回り込んできた井上課長は、さかんにお尻を撫でまくって

「スベスべして、ムッチリしているいい尻だ。ましてや、新婚生活のものとなるとたまらない気持ちだよ」そんなことまで言い、お尻の肉をつまんだり、ひっぱったり、はじいたりして遊んでいるのです。

「ああ、早く、愛してェ!」

たまらずに、わたしは叫びまた。「愛しているじゃないか。こうやって遊んでいるのも愛撫のうちなんだぜ」井上さんは言いつつ、指を女芯に突き入れてきました。そして、まさぐりながら、「このスタイルだと、目の前にお尻の穴もバッチリと眺められて愉しいよ」とわたしを羞しめるように言って、その指まで肛門のほうに移動させてくるではありませんか。

肛門をいじられている異様な感覚に、わたしは思わず「いやあ一つ、そんなとこいじくっちゃあ!」と叫び、腰をびねるようにくねらせたら、逆にその指が肛門の中にスッポリと入り込んでしまったのです。

「ああっ、やめてェー!」
わたしはまだ叫びましたが、井上課長は入れた指を抜こうとしないばかりか、肛門の中をグビグビとまさぐつてきたのですからたまりません。


「ああ一っ、い、いやーっ、痛い一っ」

わたしは、悲鳴をあげてのたうちまわりました。それでも、井上さんは止めようとはしないで、肛門を指でえぐりだしたのです。

「ひ、ひェ一っ、痛い、痛いわーっ」

わたしは、泣きだしてしまいました。凄く敏感な刺激なのです。もちろん、痛さをともなって、ズキンズキンと神経にまで響いてきました。

すると、井上課長は、「ボクはね、オ〇〇コよりもコッチの穴のほうがいいのだがね・・・」なんて、言うではありませんか。

「う、うそでしょ・・・そ、そんなっ・・・ウ、ウ○チの穴になんてェ・・・」
「まんぎらうそでもないさ。キミがいろいろ試したがっているから、ボクもね、肛門を試してみたくなったんだよ」

「だ、だって、そこは・・・」
「ウ○コ穴だって言うんだろ。だけど、ちゃんとアナルSEXっていうものだってあるんだぜ・・・」


わたしが黙ってしまうと、井上さんはいっそう肛門をほじくりかえしてくるのです。

「やめてよ、やめてっ」」
痛さをこらえながら、それだけ叫ぶがやっとでした。

「だからさ、あまり痛くならないように、こうしてじっくりと繰り込んでならしているんじゃないか。しばらく我慢していろよ‥・・・」

たしかに、少し時間が経ってくると、いじくられている肛門から痛さが薄らぎ、異様な感覚がツンツンと突き上がってくるようになりました。

「入れるぞっ」
井上課長は、そこに唾をたっぷりとすりこんで、硬直していたアレを一気にズプッと挿入してきたのです。


「ああ一っ、そこ、こわれちゃうっ!」

わたしは、瞬間、大声をあげて泣き喚きましたが、アレの先が埋まり込んで次の瞬間、なんともいえない快感に襲われて全身を震わせてしまいました。

「ああ一っ、い、いい一っ!」

生まれて初めての異常な快感に、わたしは自分からお尻を何度も突き上げていたのです。


ところで、いくら不倫にうつつをぬかしているとはいっても、家に帰ればこれでも新婚早々の〝花嫁さん”なのですから、当然、夫とのセックスもひかえています。でも、夫の求めるセックスってまともすぎて、とくに井上課長と乱れ狂ったあとなんか、それこそつまりません。

アヌスの味を覚えた私、夫とのセックスの最中でも、肉棒をアソコに突き入れてもらいたくって、知らず知らずのうちにお尻をへんにうごめかしたりして、夫に「どうしたんだ?」と、いぶかしがられたことも・・・。

いっそ、夫にソレを要求しようかと思うときもありますが、しかし、さすがにまだ、それだけはできません。

不倫もバレてしまうかもしゃないし、夫には自分の性癖を知られたくないという気持ちもはたらくからです。

でも、もし、私がソレを望んだとしたら、あくまでむノーマルな夫は、いったいどんな顔をするかしら?

いえ、いえ、けっしてそんなことにはならないように、充分に気をつけて不倫をひた隠しにしなければならないと思っています。私って、ほんとうにいけない新妻です。

他サイト超厳選PICKUP!