僕は23歳の社会人1年生です。
大学の時から付き合って2年になる1コ年下の彼女がいます。
付き合い始めてから1年くらいはどこにでもいるカップルでした。
しかし、僕が社会人になってから、飲みに行く回数が増え、
どちらも親と同居してたので、エッチしようにもラブホに
行かないとできません。
 
 

☆おすすめ記事☆

ある日飲みに行った時、彼女(悠里(ゆうり))がエロイ話を
やたら話してくるのです。悠里は20歳から社会人なのですが、
とにかく下ネタ連発で、何かがおかしかった。
それで飲み屋を出ると、妙にひっついてきて腕を組むんです。
「おまえ今日おかしくないか?」
「大好きだからいいやろ」
やっぱりおかしい。それで特別な場所に案内すると言って、
ある古いビルの屋上に連れていかれました。

「おまえなんでこんな場所知ってんの?」
「昔、この1階の店でバイトしてたことがあるの」
でも周りを見渡すとビルばっかりで、ちょっとビルの陰に
なっていて、そして暗い。
「ここでエッチしない?」
「お前バカか、それとも野外露出の趣味でもあるの」
「ある、って言ったらどうする?」
「まあ、付き合うしかないだろ」
「じゃあ、付き合って」





すると僕のズボンのチャックを下ろし、パンツを下げられると、
まだ大きくなっていないペニスをくわえ、フェラチオをしてきた。
「ちょ、ちょっと、誰かに見られるよ」
「見せてあげようよ」
僕もだいぶ酔ってはいたが、なんか気持ちよくなってきて、
「ああ、大きくなってきたよ、私が責任取るね」
「こんな時だけ責任取るなよ、でも気持ちいいな」
「こんなになって、もうストップきかないでしょ」
「う、うん」

悠里の口と手のストロークは唾液で濡れてきたので、
だんだんとリズミカルにそして早くなり始めた。
「お、おい、ちょ、ちょっと、ま、待って・・」
悠里はさらに加速させていく。
「あっ、ちょ、ちょっと、いきそう、いくっ」
僕は悠里の口の中に精子を出してしまった。
「ごちそうさま」
と言って悠里はいつものように飲み干した。

「気持ちよかったけど、どうしたの、今日は積極的すぎる」
「たまにはいいでしょ、でも私もしてほしいな」
「裸になるのか?」
「いいよ、なっても」
悠里はジャケットを脱ぎ、ブラウスも脱ぎ、ブラを外すと
上半身だけ裸になった。
「お、おい、まずいよ、誰かに見られてるんじゃないの」
「見せたいの、私達のセックスを見せたいの」
「お前いつから淫乱になったのか」
「たった今から」

僕は悠里を抱き寄せ、キスをして、すぐに乳首を舐めながら、
スカートをたくし上げ、パンティーの中に手を入れると、
悠里はすでに濡れていて、いつでもOKの状態になっていた。

「今日すごいな、もうグチョグチョだぜ」
「あっ、いいわ~、そうなの、ずっとしたかったの」
「今日はこんなとこに連れてきて許さないからな」
「そう、も、もっと怒って~、むちゃくちゃにして~」

僕は悠里の胸を激しく揉みながら、片方の手でおまんこを
さらにグチュグチュにした。
「ああっ、いいっ、も、もう力が入らないよ~っ、いい~っ」
「おまえ今日すごいよ、すごくスケベだよ」
「そ、そうよ、も、もっと、もっとして~っ」

そして悠里のスカートとパンティーを脱がし、後ろから
カチカチのペニスを挿入すると、
「あああああーっ、いやーっ、す、すごいの~、だめーっ」
「気持ちいいのか」
「え、ええ、そうよ、すごくいいのっ、もっと、奥まで・・・」
僕はさらにピストンを早くした。
ビルとビルの隙間から向こうのビルが見えるが、なんとなく
見られているような気もする。でも今は気持ちよさが、
理性をうわまわってるんで、エッチに集中した。

「悠里、いやらしいよ、何回してもお前が一番だよ」
「あ、ありがとう、わ、私もよ、ああっ、もう、いきそうっ」
「おれもまたいきそう」
「いくっ、全部だして~、中へ出して~っ、ああああーっ」

お互いイってしまった。でもいつもと違うので、興奮した。
悠里も倒れ込んでうずくまっている。
「悠里、よかったよ」
「わ、わたしもよ、興奮したよ」

それからというもの、ビルの屋上や公衆トイレ、ビルのトイレ、
公園、海岸の岩陰、山の頂上、新幹線のトイレ、などなど。
ありとあらゆる公共の場所でエッチした。
ラブホでするのもいいけど、平日はお互い泊まりができないので、
(悠里に門限があるため。だいたい0時)
野外エッチはスリルがあり、おもしろかった。
翌年、悠里は妊娠した。もともと結婚しようと決めていたし、
悠里の両親には早くから伝えていた。

でも妊娠したのはいいけど、どこの場所でできたんだろ?
逆算すると、たしか僕の職場に忍び込んで、デスクの上で
エッチした時の中出しした時かな?
他サイト超厳選PICKUP!