みんなのエッチな体験談

エッチな体験談を厳選してまとめました。不倫、浮気、人妻とのセックス、姉・妹との近親相姦、禁断のレイプなど人には言えないエロ体験告白。

痴漢してきた30代のおじさんと後日ラブホで中出しセックス

わたしは痴漢されるのが大好きです。
友達と話す時は、痴漢さいてーきもーとかって話をあわせていますが、本当はどきどきして気持ちよくて大好きなんです。
通学に使ってる電車は毎朝すごい混んでます。その中でほとんど毎朝痴漢されています。先週いままでで1番すごい経験をしました。
 
 
いつもどうり、電車が動き出したとたんスカートがもそもそしはじめました。わたしもいつもどうり、じっとされるままになっていたら、お尻を触るいつもの手が、多い気がしたんです。
あれ? って思っていると、腰や手まで触ってる手があるんです。
なんかいっぱいの手に触られてる・・・。そう分かったら、あそこがじーんとしました。
続きを読む

励ましているうちに友達の彼氏と浮気しちゃった話

土曜の朝、友達のユキちゃんの家に遊びに行ったときのことです。ユキちゃんにはK君という彼氏がいて3人でよく遊びに行ったり、ユキちゃんの家で焼肉を食べたりします。
ユキちゃんには連れ子のR太(4才)がいます。前の旦那さんと別れて今はK君と同棲中(3人暮らし)です。R太はK君のことをもう「パパ」と呼んでいるくらいユキちゃんとK君は仲が良いです。
 
 
土曜の朝、遊びに行ったらユキちゃんは急に同じ市内に住むお母さんを市民病院に(土曜は午前中のみの診療)付き添って行く事になり、「しのぶちゃんごめん、急に行かなくちゃならなくなってR太が起きたら一緒にテキトーに遊んであげて。午後には戻ってくるからさ。」と車で出かけてしまいました。 続きを読む

ホテルの一室で彼女と彼女の浮気相手と知り合いの女を呼んで4P

もうかれこれ十数年前。同じ職場にその女は私の部下として入ってきた。
外見は観月ありさと常盤貴子を足した様な感じ。髪は肩より少し長く、身長は
167,8cmくらい。出るとこは出て、締まるところは締まってると言う体型だ
った。胸はFカップだった。
職場はホテルだったので、部下と言っても、直属の部下ではないのだが
近いセクションだったので、毎日の様に顔は合わせていた。
 
 
ある日、彼女が早番で、私が遅番の日があった。
私が、仕事の準備を始めていると、丁度彼女が帰るところだった。
「○○さん、今からですか?お疲れ様です。」と彼女から声を掛けてきた。
準備をしながら、彼女をボックス席に誘い、色々と話していた。

続きを読む

会社の女上司と飲みに行き流れでホテルで中出しセックス

昔、同じ職場の♀(当時28ぐらい)と飲みに行こうかって誘われた。
その時の漏れは23ぐらいで、ちょうど彼女とうまくいっていないときだったので
飲みに行きたい気分だったが、1人で飲みいくととことん落ち込みそうだったので
軽くいいっすよ~的な返事をした。
その頃は、とにかく1人になりたくないときだったが彼女とのことを何とか修復したいと思っていたから
漏れ的にはその人をどうこうしようって気持ちは全然無かったのだ。 
 
 
んで、その♀(仮名:えりさん)と飲みにいくことになった。別にえりさんとは何度も一緒に
飲みにいったりしてたから、特別なことって感じはなかった。
このえりさんって、滅茶苦茶酒好きで、その上強い。そして、見た目もショートの似合う
大人の女 って感じだった・
そんな感じの人だったから、”飲みにいく”ってことに関してはいわゆる「都合のいい人」だ
ったのだ。 続きを読む

婚約中の彼への罪悪感から逆に興奮し中出しセックス

親友のMちゃんとMちゃんの彼氏T君は最近仲がうまくいっていないと聞き、
私は、T君の相談にたびたび乗ってあげていました。
T君はジャニーズ系の顔で女の子だったら誰でもいいな。と思うような男の人でした。
私自身は婚約者がいて、今は式の打ち合わせなど準備で忙しいのですが、
平日の夜だったら時間があったので話を聞くことにしました。

どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。
バーのようなところでお酒を飲み、店を出ると、終電の時間に間に合わなくなっていました。
タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話しているとT君が
「ホテルで泊まるか・・・」
「えぇっ!?私、婚約してる人いるし、T君もMちゃんがいるじゃん」
と答えると
「何もしないからさ」
お酒に相当酔っていた私は、T君に寄りかかりながら歩いていたくらいだったので、
早く横になりたい気持ちでいっぱいだったのは事実です。 続きを読む

中学生の頃、学校にノーパンで着ちゃった彼女と初H

中1の冬から中2にかけて生徒会で書記をやってた時のエピソード。
生徒会の書記なんて俺も興味はなかったんだけど、基本的にマジメキャラだったんで
半分周りから押し付けられるように推薦され、大した演説はしていないのに当選してやることになった。


 
ただそのお陰で丁度中2に上がるくらいの時に、同じ書記をしてる同学年の子と知り合うきっかけができて、
付き合うことができたんだ。 

その子の名前は美緒。
同い年だけどちょっと幼い感じでぽわぽわした感じの子。
基本はしっかりキャラなんだけど、たまにどっか抜けてたりしてそれが可愛くて、
俺はその子の事が凄い好きだったんだ。
まぁ付き合ってるって言っても中学生だし、手をつなぐことすらまだできてなかったんだが、
中2の初夏、どんどん暑くなってきてプール開きがあった日のこと。
ていっても俺のクラスは体育が無く、遠くで聞こえるプールの授業の喧騒を聞きながら
生ぬるい教室でちっとも集中できない授業を聞いていたりしたんだが。

その日の放課後、秋にある文化祭の企画をそろそろ始める時期だということで、生徒会の役員が
集まって色々と打ち合わせやらなんやらしてたんだ。
ただその打ち合わせの最中、ちょっと彼女の様子おかしいのに気づく。
変にもじもじして、いつもは積極的に意見を言う彼女が、あんまり話に参加してこない。
副会長(女性)も彼女の様子に気づいて、こっそり「トイレ?」とか聞いたるみたいだけど
首を振ってるんで違うみたいだし、俺もちょっと心配になって俺も夏風邪?大丈夫?
とか聞いたんだけど大丈夫、大丈夫だよって答えてくれたんでちょっと安心したりしてたんだ
文化祭という大イベントが議題でもあり、いつもより長い会議が終わる。
あたりはもう夕暮れになり、外に聞こえていた運動系のクラブももう終わっているようだ。
生徒会がある日は終わった後、いつも生徒会室でちょっと二人でおしゃべりして
二人で帰るのがルールになっていて、今日もいつも通り先輩が気を利かせてくれて
早々に部屋を出て行って二人きりになる。 続きを読む

彼女と学校の屋上の階段で野外SEX

自分が高3の頃、彼女は高1でした。思い返せばこのころから自分は変態だったようです(^^ゞ
彼女との初体験もアブノーマルですが、今回は一番印象に残っていることを書きます。
ちなみにその頃はゴムをつけることはほとんどなく、ホテルを使わない限り生でした。彼女もゴムを使わないことを肯定していました。
 

母校は授業が行われる北校舎と、視聴覚室などの特別授業が行われる教室がある南校舎がありました。
南校舎には屋上に通じる階段がありましたが、一般生徒はあまり知りませんし使いません。
その日は放課後に4Fの視聴覚室で実行委員会がある予定でした。
「その前に少し会おう」ということになり、屋上前の踊り場で待ち合わせしました。
続きを読む
逆アクセスランキング
ギャラリー